トップページ < 川西支所 < 観光情報

   ナホトカ記念碑
ナホトカ記念碑の写真
川西支所が設立した重油流出事故の回顧記念碑「水鳥」
重油回収作業の写真
 1997年1月、突然襲ったロシア船籍タンカー重油流出事故で越前海岸はあたり一面重油で覆われた。しかし、地元住民をはじめ、全国ボランティアにより、もとの美しい海が取り戻された。
写真は川西支所が設置した記念碑。いつまでもきれいな海であるように、この碑「水鳥」とともに見守っていく思いを込め、全国から寄せられた暖かい志と甦った海を後世に伝えるため、この記念碑を福井市北管生旅情公園に設置した。
   鷹巣海水浴場
鷹巣海水浴場の写真
 北陸屈指の海水浴場、鷹巣。透明度を誇る海に、点在する岩礁郡が輝きます。シーズンが到来すると、約2キロにわたって続く砂浜は、家族づれはもとより若者たちで大いに賑わいます。
お問合わせは鷹巣観光協会
TEL:(0776)87-2704
   コスモス苑
コスモスが咲き乱れる写真
様々なコスモスが咲き乱れる
コスモスの写真
 秋になると、一帯は見渡す限り赤紫、ピンク、白と色採りどりのコスモスの花でうめつくされます。
 1日だけ開催されるコスモス祭りには、様々な屋台や新鮮野菜市・押花教室などイベントももりだくさん!!
なお、土日は花トラ車も運行されています。
お問い合わせは 宮ノ下公民館までTEL0776-59-1150
   亀島・鉾島
亀島
亀島・鉾島の写真
鉾島

 鷹巣は、その一帯に広がる奇岩怪岸でも知られます。中でも、周囲200m・標高20mの、その名の通り亀そっくりの亀島、そして東尋坊と同じ岩質が海面に垂直な壁をつくり、その岩上には樹木が茂る鉾島は、鷹巣の大きなみどころでもあります。これらは、日本海の荒波と寒風がつくりだした天然の建造物、とも言えるでしょう。
   仏 
仏舞の写真
 菩薩や天女が、柴雲に乗って舞い降りたのが起源と言われる「仏舞」。
1年おきの4月18日に糸崎寺で行われる仏舞は、国の重要無形民族文化財です。今年17年は33年の大開扉で4月16日(土)〜18日(月)の3日間行われます。
金色の仏面に黒の法衣をまとった12人の舞手が、鐘や太鼓とともにおごそかで優美な舞を奉納します。舞手は糸崎に住み、ここで産湯を使った長男に限られ、当日は塩風呂で身を清めます。伝統と格式、厳粛さが今に息づく行事です。


●4月18日(奇数年)●17年のみ4月16日から18日