トップページ < 河合支所 < 河合地区 名所・旧跡

福井市河合地区の概要(地勢・沿革)
当商工会のある福井市河合地区は、福井市の北部、九頭竜川の北側に位置し、つくし野、川合鷲塚、中角、網戸瀬
河合勝見、六日市、高屋、山室、二日市の9ヶ町から構成されます。
九頭竜川と日野川の合流する地点であることから、古くは「川合」と書きましたが後に「河合」と呼ばれるようになり
明治22年の町村制度によって「吉田郡河合村」が誕生し、戦後の町村合併促進により昭和2年に編入されました。
また、古くから地区内を東西に流れる九頭竜川は黒竜川ともいわれ、福井県一の大河であり、中流域に位置する沿岸
住民にとって、灌漑の利、運搬の利、漁獲の益など多くの恵みを与えてくれる慈母のような存在であった反面、
明治になって河川改修・築防工事が行われるまでは、大雨の都度洪水が流域の町を襲い、家屋の流失、
人畜の死、その上田畑の流廃など大災害を発生させ人々の生活を苦しめてきました。
河合地区 観光スポット
光福寺の夜泣き石 矢放神社(鷲塚神社) 川釣り(サクラマス等)
蓮 如 堂 京福鷲塚針原駅 工業技術センター